過払い金の請求をどうすれば良いのか

by author



長年借金をし続けている人は、過払い金の返還請求をすることが可能な場合があります。
この過払い金とは、支払いすぎた金銭のことです。

どうしてそのようなことが起こっているのかと言うと、かつての法律の不備にあります。

消費者金融などは、出資法の規制を受けますが、その上限金利がかつては29.2パーセントに設定されていました。
しかし、利息制限法の上限は、元本が100万円未満の場合、18パーセントです。
業者の多くは、出資法の上限に金利を設定して金銭消費貸借契約を締結していたため、債務者はその差である11.2パーセント分の金利を支払っていました。

しかし、後にこのグレーゾーン金利は違法とされ、最高裁は業者に返還を命じます。そこで、現在では出資法の上限も下げられ、その差はなくされました。
つまり、判例が出る前に契約を結んでいた人は、過払いの返還を金を請求できる場合があります。現在債務がある人でも、過払い金が発生していれば、債務が全額なくなるどころか、余分にお金が戻ってくる場合があるのです。もちろん、戻ってこない場合でも、本来元本に充当される分があれば、債務は大きく圧縮されることとなります。

この請求は、自分で行うには大変です。

相手が任意に応じないと裁判を起こさなければなりません。



計算方法も面倒で、裁判に必要な資料の収集も面倒です。



そこで、ずっと借金をし続けているという人は、弁護士に相談をしたり、返還請求を依頼するのが安心です。